刀における肉置とは何を指すのか

刀には肉置と呼ばれるものがありますが、具体的な内容を知らないのであれば肉置とは何を指すのか理解しておきましょう。これは刀身の鎬地を省いた厚みのことであり、薄ければ枯れるや少ないなどと表現され、暑いと豊かやたっぷりなどと表現されます。肉置きが健全という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは制作当時のままこの部位が残っているときに使われる言い回しです。研磨されるうちに削り取られて再生することはできないので、長期的に保管している刀の肉置きは枯れてしまっていることが多いと言えます。そのため、健全な肉置きを保持しているのであれば、かなり貴重な刀剣であると判断することが可能です。刀の素晴らしさをジャッジするために、確認が必須の部位だと言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。