鑑定書や、指定書、認定書の見極め

刀剣をコレクションするにあたって、その価値を見極めるには歴史的な価値や保存性、特殊性など、様々な見極めのポイントがありそうです。実際に、このような刀剣の価値を見極めたものを鑑定書、もしくは指定書をなどと呼んでいるようです。このような鑑定書や指定書に関しては、刀身の部分だけではなく、拵の装飾などにも発行されるようです。 歴史的には、本阿弥家の感染症などが有名ですが、 公益財団法人日本美術刀剣保存協会などが発行する鑑定書などが重要視されているようです。このようなお鑑定書や、指定書、認定書などは、刀剣をコレクションする際の目安とはなりますが、このような鑑定書や、指定書、認定書ばかりに気にとられ、本来、最も大切なご自身の好みやフィーリングを忘れてしまっては、刀剣のコレクションの意味が問われてくるのではないでしょうか。昨今、寄せられている情報などでは、刀剣の贋作のほかにも、鑑定書や、指定書、認定書対する贋物などが見つかっているようです。鑑定書や、指定書、認定書だけが、全てであると認識するのは、刀剣のコレクターにとって安易な判断となることもあるのかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です