日本刀の刀剣製作・刀工と職人

日本刀の刀工、刀鍛冶というのは、玉鋼を鍛錬して刀剣類を作る人のことをいうそうです。玉鋼を鍛錬して刀剣類を形作って、焼入れ、姿形を整えるそうです。そして鍛冶押しと呼ばれる下地研ぎというものまでを行うのだそうです。そして研ぎの仕上がった刀に最後に銘を切るそうです。研師というのは20種類以上の砥石を用いて、刀剣類の姿形をより厳密に整えて、刃文がよく確認できるように研磨するそうです。もちろん出来上がりは美しさが重要だそうです。刀剣の美観というのは、研磨の技術だといわれているそうです。白銀師というのは、刀に合わせてハバキを製作するそうです。また装剣金具の製作をもっぱらとするそうです。鞘師というのは、刀身を保護するための白木の鞘を製作するのが主な仕事だそうです。漆で仕上げている拵えについても、鞘や柄の芯となる下地の製作を行うそうです。塗師というのは、鞘下地に鞘塗りを施したり、角所の漆塗りを行うほか、青貝、金粉、植物の繊維や種などといったさまざまな素材を使って鞘の装飾を行うそうです。柄巻師というのは、主に、刀身の茎を収める柄部分を製作するそうです。柄下地に鮫皮を着せて、目貫を据えて柄糸を巻くそうです。鐔工というのは、主に鉄地の透鐔や板鐔などを製作していた職人のことを指すそうです。金工というのは、赤銅、金、銀、朧銀、鉄などの金工材料を用いて、彫刻技術をもって鐔をはじめてとする装剣具を製作した職人のことだそうです。室町時代の京で製作を行っていた後藤家が近世金工の始まりといわれているそうです。江戸時代には金工芸術が独立して評価されているそうです。鐔、小柄、目貫などが単独で鑑賞されたりしているそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です