短刀の刀工の解説をします

長さ1尺未満で反りがない「短刀」も日本刀に含まれます。その担当を作るにもかつての名工がおり、そういった刀工にどういった人がいたのかを紹介していきます。

1人が粟田口吉光で、鎌倉時代中期に京都で活躍した刀工です。代表作の一つは短刀「薬研藤四郎」であり、これを使用して切腹しようとした室町時代の守護大名が「畠山政長」の切腹を阻止したということから「所有者の命を守る刀剣」という認識が広まったものでした。そのために徳川将軍家や大名の間で重宝され、現存する担当の多くが国宝や重要文化財に指定されている短刀です。また、新藤五国光は、「五箇伝」の一つ「相州伝」を創始した人物であり、作った作品の多くはやはり国宝や重要文化財に指定されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。