日本刀にはどんな種類があるのかについて

よく時代劇で日本刀が出て来るけど、時代劇では単なる刀のイメージがありますが、他にも沢山の種類があります。そこで簡単にどんな種類があるのかを説明します。時代劇で良く出るのが大半は刀で、直ぐさやから抜けるのが特徴です。居合抜くなどでもよく使われるのが、刀です。そりが強くてやや刀身が長いのが、太刀で室町時代初期に活躍した刀です。脇差は刀と揃えて作られた、刀の補助としての役割を果たしたりするものです。武士が持っている刀に比べると刀身が短くて、百姓や承認なども携帯が許可されてました。時代劇では刀と脇差を合わせて、二刀流で登場する事もあります。短刀は小型の刀で、腰刀や九寸五分とよばれる事もあり、座っている時や狭い空間で身を守るのに適した刀です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。