刀の来国俊の作品の特徴

刀は日本の伝統工芸であり、国宝級の物もたくさんあります。依然コレクターも多く、高値で取引されるような希少な品もたくさん存在します。特に、室町時代の作品も人気であり刀工である来国俊の作品はコレクターの間でも高値で取引されるのです。特に短刀に銘されることが多い傾向にあります。その作品の特徴は優美で穏やかな雰囲気があると言われます。そのため女性のコレクターにも人気の作品なんです。刀の買取の現場では、当然来国俊の作品は高額査定が期待できるのです。しかし贋作なども多く、銘のデザインや掘り方、刀の形や錆、傷の状態などもシビアに査定されるんです。不自然な傷などであると偽物で、最近作られた可能性もあり注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。