ミステリアスな日本刀の魅力

日本では戦後、廃刀令によって武器として日本刀を所持することができなくなりました。現代においては、刀剣は美術品や工芸品としての存在価値が主であります。希少性の高いものは文化祭や国宝などとして、博物館や美術館などで保管されると同時に、コレクター達の間で高値で取引されたりしています。 廃刀令と共に、日本各地に存在した日本刀は、米軍などに没収されることによって破棄されたり外国に流出したりしたようです。数多くの名刀が、この時期に姿を消したなどとも言われています。歴史上に銘だけが刻まれているにもかかわらず、現存が確認されていない名刀は少なくないようです。日本刀の魅力は、謎が多くミステリアスでドラマティックなストーリーを持つものが多いことも多くのファンを惹きつけている理由の一つであるかもしれません。武家の人にとっては、「魂「」同然であった日本刀は、現代においても日本人と共に日本の歴史を紡いでくれる存在であるようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です