礼儀と日本刀

現代では、科学技術が発達したことによって、礼儀などが、おろそかになってきた、ということは、何度も何度も指摘されているとおりでありますが、武士道に残っている、礼儀の正しさや、伝統や、マナーというものは、今一度、日本人が、もう一度学び直す必要がある、という風に言えるのではないでしょうか。西洋の、社会の影響を受けて、発展してきたマナーや、ドレスコードというものは、時代の変化に伴って、大きく、移り変わってしまう、ということが言われているわけですが、日本古来の、考え方である、日本刀を用いた、礼儀や、武士道というものは、不変であり、価値も、全く、色あせていない、というふうに、考えられているでしょう。根幹的な考え方が、日本人にとっては、武士道というものである、というふうに考えられる、とするならば、当然、刀を置いたり、持ったりする時の、マナーと同様に、自分自身の生活も、見直す必要がある、というふうに考えられます。そのような中で、日本刀や、模造刀を用いた鍛錬をしていくことで、しっかりと、構成をしていくということができる、という魅力的な部分がある、ということは知られていないかも、しれません。日本刀を用いた、エクササイズや、レクリエーションを用いて、現実の、社会に応用した、という人も、現れているようで「なかなか商談がうまく進まないことが多く武士道を用いたエクササイズなどに取り組むうちに自分自身の姿勢が正されて精神的にも前向きに考えられるようになった」という声や、「相手との難しい駆け引きの中で、自分の言いたいことを謙虚かつ端的に述べられるようになったのは、武士道のおかげかもしれない」という意見の他にも「剣術を用いたエクササイズを、長く取り組み続けたことで、しっかりと自分自身が健康になったということを感じられた。他にも、相手にも思いやりをもって接することができるようになった気がする」という声も聴かれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です