日本刀の歴史

また、多くの人がおろそかにしがちな点ですが、刀の歴史も同じです。武道の歴史などは案外学校の教科書などでもとりあげられることが多く、特に解説する必要はないかも知れませんが、武道も非常に長い歴史を経てきており、それに準ずる実際に日本刀や名刀と呼ばれる刀が、どのような産地で産まれるようになったのか、有名になるまでにどのような歴史的経緯があるのかをしっておくということの重要度は極めて高いはずです。初めは伝来した青銅器などを用いた銅製の刀が主流でしたが、素材が鉄に変わり、その鉄の純度が高まっていくにつれて強度が飛躍的に向上していきました。日本刀における鉄の誕生というのは大きな意味をもっていたということなのです。そして、明治維新以降、戦争兵器の近代化が進んだことで、刀は時代遅れの産物だと決めつけられてしまい、その神秘的な価値を失っていくことになってしまいました。現代では持つことすら難しいという風になってしまい、徐々に伝統は衰退していっていると言わざるをえません。それでも、刀に愛着を持ったほうが良いということは様々な場所で言われておりますが、具体的にどのようにして深めればいいのかということはあまり方法論としても議論されてこなかったように感じます。このような歴史的背景やバックボーンをしって理解が深まるほどそのような気持ちは高まっていくと考えられますから、おすすめです。また日本刀を用いた鍛錬による精神の強化は、古来から続く日本人の伝統であり「日本人らしさ」が大きく問われることの多い現代においては、個人個人が武道や居合道を通じて今一度このような問題について考えてみることが必要であるといえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です