日本刀の作刀工程と研磨

日本刀は日本特有のものであり、世界の鉄工芸品でも最高峰に位置づけられています。古来より生成されてきた日本刀の製鉄技術はたたら工程です。たたらによって生産された広義の鉄を粉砕、選鋼して、炭素量によって分類し、日本刀のもとになる鉄を作っていきます。
作成方法は、時代や流派、個人によって多少違ってきます。玉鋼という鉄による一般的な作業工程は、まず水へし、小割、次に積沸し、その次に鍛錬、皮鉄造り、次に心鉄造り、組み合わせ、次に素延べ、火造り、次に土置き、焼入れを行い最後に仕上げ、銘切りを行います。日本刀が武器でなくなった昨今でも、日本刀は伝統工芸品です。この制作過程は忠実に守られていくべきだという声が多くあります。
もう一つ忘れてはならないのは、日本刀の研磨技術です。後鳥羽上皇の時代にはすでに専門の研ぎ師がいたと確認されているそうです。明治時代になると、高度な伝統技術にプラスで美的感覚が加味されていき、今見ることのできる美術刀剣研磨の技法が確立されそうです。日本刀における研磨の役割は、日本刀がもつ独特の曲線美、鍛え抜かれた地鉄、華麗かつ個性的な刃文、これらの美しさをいかに損なわずに発揮させ、日本刀が持つ優雅さを導き出す、というところに大きな意味合いがあります。
研磨にも工程があり、下地研ぎ、仕上研ぎ、拭い、刃取り、磨き、なるめ、そうして長い工程を経て化粧研ぎという研磨を行い終了します。
しかし日本刀は刀を作るだけでは完成しません。一口(ひとふり)の日本刀を完成させるためには鞘が必要ですし、塗師も柄巻師も白銀師も彫金師など、多くの職人の手が必要になりますし、その職人たちもその道を極めています。一口の美しい日本刀は数多くの人間の力から出来ているとは、感慨深いですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です